偶然という運命

昨日、西新にあるa-unという立ち飲み居酒屋に行った。
そこで、たまたま相席になったおじいちゃんとずっと話してた
聞くところによると、元大学教授らしい
どーりで口調が昔の教授っぽい
いきなり質問されて、「そんなんもわからんのか、バカモノ!」と怒られたりしたし(笑)

で、室見のちょっと高級な寿司屋に連れて行ってもらった
そこでも、昔の話だったり、今の大学生に対しての愚痴だったり
教授って、こんなに生徒思いだっけって自問自答しながら聞いてた

その中で、
「大学生活において、勉強する必要はない。おおらかに、そして、教養を身につけなさい。」
と、言われた。

自分を再確認させられた

自分は大学生活で何を身につけたのだろう
単位はあまり取っていない
卒業も危うい

しかし

得たものは多い、いや、多すぎる

今までの人生の中で、自分は大学という居場所が一番心地よい
友も多くできた
人生で一番考えた

けど

まだ、自分の本当の居場所が見つけれない

現状に満足していないという気持ちが心のどこかにある

日々は進み 宇宙の1mmにも満たない一日を過ごし
そんなちっぽけな日々から
何かを拾いだそうと    探し出そうと    日々模索

「今」の集合体である、過去現在未来から
本当の自分を探す
しかし、探しながら、自分の「今」ある信念は貫き続ける

長旅は怖くない  怖いのは終着点がないこと
目標とする人、目標とする自分、目標とする未来

自分は絶対にソレを忘れずに、日々生きる


[PR]
by gray-signpost | 2005-02-03 12:08 | 日常
<< 今一番のハマリもの 次から・・・ >>