完結

学祭が終わり、4日目。。。
その間、なんかグータラしてます。
いかんいかん。

昨日は昼間からビール飲んで、会議に臨んだり、学生の特権活かしまくりです。


ということで、学祭振り返りシリーズ最終回です!

<最終日(13日)>

この日も朝から仕込み。
最終日やし、前日OB会っていうサークルが多いんで、朝は集まりが悪い。
それでも、仕込みはやる。

最終日ということで在庫一掃を目標に模擬店開始!
口コミで広まったもつ鍋もリピーターがよく来る。
順調な売れ行き。

そして、12時から、山本華代さんとエイズについてのディスカッションをステージ上で行う。
学生は6人出て、自分はその内の一人。そして、山本華代さんの隣の席。

エイズについての知識をつけ、偏見を無くそうという目的で毎年行われている企画。
保健所の方も毎年行うのは、うちの大学ぐらいで、大変にうれしいとおっしゃっていた。
楽しいステージ企画も必要だが、こういう大事な企画を残し続けることは、うちの大学のいいトコだと思う。

1時間半のエイズ番組を終え、その後は、軽く模擬店の手伝いをし、次はミスキャンに出てる美香の応援者としてステージに上がる。
NANAのレイラの曲をバンド構成で行う。
って言っても、雰囲気重視の弾いてるけど、アンプとは繋がっていない(笑)。
ベースの祐幸とシールドをつなげ(笑)、いざライブ♪
って言っても、音は出ない。
動きだけ。しかも、ダイナミックに。
個人的に大満足。このあと、美香がミスキャン取れなかったのは、僕のせいだと言われるが、、、。

そして、バタバタと模擬店の片づけをし、最後の後夜祭へ。
端の方で奥Pで固まって見ていた。
その中の、SEEDのライブで、奥Pは大盛り上がり!
途中で、本物のファンの人にペンライトを貰い、さらに盛り上がる!

4年だけ、異様に盛り上がってる。でも、すっげー楽しかった。
今思うのは、大学祭4日間を最後のSEEDに持ってかれた気がしたのは、自分だけか・・・

そして、大学祭のダイジェストビデオが流れ、少しグッときた。やっぱ、最後っていうのは、いろいろ「想う」ものです。

そして、フィナーレ。

今年の実行委員会で頑張ってくれたチーフ・各局長・議長・委員長がステージ上に現れる。
自分も去年・一昨年と同じ感じでフィナーレを迎えたことが思い出される。
その大学祭のフィナーレと共に、自分の中の学生生活最後の学祭が終わった。
いろんなことが頭をよぎった。

1年の時、実行委員が嫌で活動に行ってなかった。
直前になり、頑張るようになり、終わってから、なんで、始めからやらなかったんだろう?って悔しんだ。

2年の時、自分から立候補し、講演会(コンサート)チ-フになった。
コンサートの3年ぶりの復活を懸け、死にものぐらいで毎日過ごした。
飯食う時間も、睡眠時間も削った。
やっと、コンサートが出来るって確定した時は、めちゃくちゃ嬉しかった。
本番、直太朗の「さくら(独唱)」を聴いた時は、涙が出た。

3年の時、局長として、3つのパートの最高責任者となり、ピリピリした毎日を過ごした。
チーフに対して、何度も怒鳴った。
TOPに立つ人間が、しっかりしていないと組織は崩れる。
責任感は3年間で一番感じた。
自分でもつ企画こそ無いが、チーフ・パート員が成長していく姿がうれしかった。

そして、4年になり、学文会4年生有志の団体「奥P」に入り、毎日が楽しかった。
初の模擬店も体験できた。というより、初参加だったので、何もかもが楽しかった。
それに、卒アルの委員長・COMUの代表、その仕事を並行しながら、やれたことが一番良かった。
やっぱり、自分は忙しくなくなるとダメな人間だ。
自分が自分である、という意識が遠のいて行ってしまう。
学祭が終わり、その意識を何度も感じた。
まだまだ、学生のうちにできることはある。

さらに、やりたいだけやる。

ここに、学祭という大きな一区切りが付いた。


[PR]
by gray-signpost | 2005-11-17 11:58 | 日常
<< 福岡は、飯はうめー!人もいいー... "祭"って... >>