屋久島への旅<2日目>

5時過ぎに出て、同じ民宿で一緒になった人達と一緒に縄文杉目指して、いざ登山!

眠気バリバリで、荒川登山口に着く。
軽く準備運動をして、登山開始→。。。
c0038163_20153617.jpg

っていっても、はじめの2時間はひたすらトロッコ道を歩くだけ。
ホントにひたすら。いつ終わんのって感じで。

2時間近く歩いて、トロッコ道が終わり、そこから本格的な登山開始。
結構険しい道もあって、普段運動不足の体にはちょうどいい感じ。

途中途中で不思議な世界だらけ。
見たことない形の木が多い。
てか、歩いていくと、だんだんと感覚がおかしくなって、かなり太い屋久杉なのに、なんか当たり前に見えちゃう。
慣れって不思議やな~。
c0038163_2016229.jpg

c0038163_20164091.jpg


で、2時間くらい歩いただろうか、ようやくこの旅のゴールにしていた縄文杉に辿り着く。

c0038163_20173451.jpg


最初目に入った時は、デカイって思っただけだったけど、だんだん昨日の夕日を見てたときのような感覚になってた。



何かを考えている。。。自分。




"音"が欲しいと思った。


でも、その場に聴くものを持っていってはいなかった。
なんとなく頭に残る好きなメロディを流してた。
それでも十分だった。
"何か"により、"何か"を考える自分にしたかっただけだから。

昨日から頭に残る、その"何か"がわかった気がした。

自分のものにしておきたいので、あえて、ここでは書かないが。

コトバにしてしまう事は避けます。
思考の中の"核"ができた、とだけ言っておきます。
今の自分にはベストな"核"。

でも、そうなる場合の、他者への接し方の変化の危険性も生まれる。
それは、自分は影響力のある人間にはなりたいと思うが、強制力ではないということ。
相手に対して、こうしろ、ああしろ、ということは仕事に関してはいいと思うが、人生的にいいものとは思えない。
あくまで、そこから、相手が僕の考えを抽出して、汲み取ってくれればいいだけだ。
実際、すごく微妙なラインだと思う。

旅日記とズレるので、このへんにしておきます。

c0038163_201828.jpg


話に戻って。

出発から10時間後くらいに下山して、もう夕暮れ。
今日も夕日を見に行く。場所は矢筈崎。
この場所は小高い所で、昨日より視点が高い。
かなりギリギリに着いたので、夕日というより夕映え。
ここでも、素晴らしかった。この2日間以来、福岡でも、夕日を気にするようにしてる。
c0038163_20183785.jpg

すごく「無」になれるので、好きだ。

民宿に戻り、びっくりするくらいの量の晩ご飯を頂く。
とびうおを食べるのは、もしかしたら初めてかもしれない。
おいしく頂きました。

この屋久島で、出会った東京でSEしてる細川さん、保育士の宙ちゃん、北海道の大学院生のハンちゃん、そして、3年間学祭実行委員で共にやってきた喜多・・・。

たった、一日・二日一緒にいただけで、すごく身近な存在に感じることができたし、この出会いは偶然ではなく必然だと考えたい。

あと、民宿とまり木の兄さん姉さん。
お世話になりました。
c0038163_20185592.jpg





僕が今一番欲しているものは「人との出会い」みたいです。

いろんな人と出会うことで毎日が本当におもしろくなる。

これから、さらに多くの人と出会い、感情を共有したい。

そんな毎日を過ごし続けれたら、最高に幸せです。


[PR]
by gray-signpost | 2005-09-30 20:18 | 日常
<< 今から 飲みニケーション。 >>