屋久島への旅<1日目>

夜23時45分バスで博多を発つ。

朝6時に鹿児島到着。
フェリーの出発まで、時間があるので、眠気が残る中、桜島の背中から出てくる朝日を観る。
c0038163_14105078.jpg

折田汽船のフェリーに乗り、4時間後に屋久島到着。
c0038163_14114120.jpg

レンタカーを借りて、一日かけて島を一周する。
途中の一湊という海水浴場の海の青さに心惹かれた。
普段、福岡じゃ絶対見れない。海の色である。これが本来の「青」なのか。
c0038163_14122433.jpg

西部林道を車で抜けて、次に向かったのが「大川の滝」
デカイ・・・。想像してたよりデカイ。今まで見た滝で一番デカイ。間違いない。
マイナスイオンを浴びまくる。
c0038163_14133870.jpg

その後は適当に有名な場所を見てまわる。
途中、屋久猿に車を軽く囲まれる。名前が恐い。なんせ、「屋久猿」だ。

時間も結構経ち、18時過ぎに中間というところで、夕日を見る。
c0038163_14174347.jpg

これに一日目の心もってかれた。
屋久島を好きになった瞬間だった。
夕日を見ている間、いろいろなことを考えた。
いや、考えれないくらい自然がすごすぎたのだが、何かを考えなくてはと思った。

「自分」という存在の意義。。。

大自然の中のちっぽけな自分に対する、よくわからない感覚。
「将来」のことや、「今」のことや、、、何をどれだけ考えたかはわからない。
無心だけど、思考はフル回転している。

この日は、うまく考えがまとまらない日だった。
でも、自分の中の何かがわかった気がした。

その余韻の残るなか、夜は民宿へ。ここでのいろんな人との出会いには感謝。

とにかく一日目から、感覚にいろんなもんが飛んできまくりでした。

(2日目へ続く・・・)
[PR]
by gray-signpost | 2005-09-24 14:22 | 日常
<< SMILE(お互い自分らの大事... 旅行が終わり、普段の生活に・・・ >>