人間の心理

「直前にやってしまう」のは、どうしてだろう・・・。

「期限」というものが、あるので、その期限内だったらOK!って心理が働くからかな。。。

今、僕は毎日百貨店でバイトしてるわけなんですけど、開店前から閉店後までいるんですよ。
シフトは一応あるんだけど、そんなん無視で遅くも来れないし、早くも帰れない。

だって、お客さん、いっぱいいるもん。。。

今、福岡っていうか、九州は時期的にお中元のシーズン。
お中元は地方によって時期が多少違うみたいやね。

もうギリギリだから、みんな焦ってお中元を出します。
うちは6月から承りしてたのに、やっぱり直前のこの時期に来る人はたくさんいるわけなんです。

試験前日しか勉強しない学生と同じような状態なんだろうけど、なんで人間こうなるんだろうねぇ。


ここで思うのは
①「お中元」を出したいのか
②「気持ち」として贈り物をしたいのか    ってことなんよね。


僕だったら、絶対後者。僕は「気持ち」をモノとして表したい。

でも、「お中元」という名に気を取られている人多すぎ。

いいじゃん、名前は違っても。っていつも思ってしまいます。
「お中元」で出したいなら、もっと早く来ればいいじゃん。(忙しいので、販売員のボヤキね。)

「形」ではなく、「心」を贈る方が素晴らしいと思います。
慣習という、中途半端に残っているものに、もっと意味を込めましょう。

手書きの手紙の方が心にとっても残ります。
[PR]
by gray-signpost | 2005-08-13 23:32 | 日常
<< ちゃくちゃくと詰まる。TSUM... シュワシュワの飲み物 >>