苦しみの中からわかるもの

病気にかかって3日目・・・

今日も点滴打ってきました。
だんだんとよくはなってきてると思うけど、完治にはまだ時間がかかりそう。

点滴の間、僕は病院のベッドの上で色んなことを考えました。

自分の周りは白いカーテンで閉ざされて、自分一人しかいないような感覚

そんな時に、かなり大袈裟だけど、このまま死ぬって可能性もゼロじゃないんよね~?って思いました。
そう考えると、いろんなことが頭をよぎっていった。

大学のトモダチのことだったり、家族のことだったり、来年からの会社のメンバーだったり、

自分はすごく恵まれた環境の中で生きてきてて、そのありがたみを実感した。

その感じた途端、病院のベッドの上で、急に涙が出てきた。


「感謝」


やっぱい、その気持ちが一番大事だ。


世の中では、貧しさで3秒に一人こどもが死んでいる。***

ホワイトバンドを着け出して、1週間くらい経つ。
着け出してから、たまたま、自分が病気という苦しみにあったけど、世の中では、もっと酷い苦しみを受けている人がたくさんいるんだって思った。

こんな夏風邪のような病気くらいじゃ、次元が違うよ、と言われるかもしれないが、その「声」を実感できただけでも、僕はありがたい。




とにかく、
会えるはずの時間だったのに、この病気のために、会えなくなった彼女に申し訳ないな。
ごめんね、純。


<番外編>
・今日の白血球:13800(←かなり減ったでしょ?w)
[PR]
by gray-signpost | 2005-08-05 14:09 | 日常
<< 39度以上の朦朧とする世界 白血球を身近に感じました。滅多... >>