またJRについて考えます。

アホだ。全員、この会社。

「ボウリング→居酒屋→すし屋→焼肉屋」

これは皆さん、わかりますね。
事故当日のJR職員(四天王寺車掌区)の動きです。
こんなに食べることも理解できません。
事故現場では一滴の水を求めている人達がたくさんいるのに。

「工場はほったらかして、市場では商売やめて、懸命に救助活動」

これも皆さん、わかりますね。
当日の事故現場横のスピンドル(工場)と卸売市場の人たちの動きです。



こうなると、今までと怒りのレベルが違います。

ボーリング行った人の中には、事故の重大性をわかってた人もいたらしいけど、
それを上司に言えないから、そのままボーリング行ったって・・・。

全く意味がわかりません。

組織というものは、こういうことを言うのでしょうか。。。


話題になってる日勤教育で以前自殺したJR職員がいます。

その日勤教育に対して、訴訟起こしてるJR職員もいます。


事故現場に献花に行ったら、JR職員に預けてください、と言われた人もいます。

未だに誠意を持って、適切な対処を行わず、詫びない経営者層もいます。


全く意味がわかりません。



先日、友人からJRに内定が決まったとメールが入りました。
たぶん、九州の方だと思うんですけど、僕の友達が会社に入ってから、こんな環境の会社だと腹立たしくてなりません。

日々、改善というコトバ。

愛知の世界的な自動車メーカーから広まった有名な「KAIZEN」

日本では、作業効率の面だけの話なんでしょうか。

昔から気持ちをコトバにして、詩を作り、人の感情を詠んできた日本人。
いつしか、経済大国として、そのプライド故か、仕事に対して、鬼のようになった日本人。
しかし、それとは裏腹に日本経済は悪化。

TVのインタビューで被害者の家族の方が言われてました。

「この事故は、社会のゆるみが原因だ。」と。
そして、「自分も含め、全てがゆるみだ。」と。
[PR]
by gray-signpost | 2005-05-06 12:03 | 日常
<< ロレッタセコハン!!!@キャナル 気付きってコレだよ >>