JR福知山線での脱線事故について考える


>JR脱線事故、捜査本部に運行記録など提出・死者73人に

 兵庫県尼崎市のJR福知山線で起きた快速電車の脱線事故で、乗客約580人のうち死者は73人、負傷者441人に上ったことが26日、県警捜査本部の調べでわかった。捜査本部や消防は徹夜の救出活動を続けている。事故車両の運転士と車掌が手前の伊丹駅のオーバーランを実際の40メートルを偽り、8メートルと申告していたことも判明した。

 捜査本部は同日午前、事故現場で実況見分を始めた。同本部はJR西日本から運行記録や勤務表などの任意提出を受け、京橋電車区(大阪市都島区)にある高見隆二郎運転士(23)の手帳などを押収した。今後事故車両の松下正俊車掌(42)や運行管理担当者などからの事情聴取を進め、刑事責任追及の是非についても検討する。

 事故原因を巡っては、快速電車のダイヤが遅れていたことが判明。捜査本部は事故車両を運転していた高見運転士がスピードを出しすぎていたかどうかについても検証を進める。線路上への置き石の可能性についても指摘がある。

 一方、国土交通省の航空・鉄道事故調査委員会も同日、事故現場での調査を開始した。
(NIKKEI NETより 13:17)




このニュースが昨日流れたとき、ちょっと大きな事故だな、くらいに見ていた。
しかし、時間が経つにつれ、死者数は増え、負傷者も増えていった。
軽く見ていた自分が嫌になった。
これが同じ日本で起きた事故かと、信じられなかった。


運転手の精神状態に問題があるのか・・・

置き石が原因か・・・

車両自体に問題があったのか・・・


なぜ、事故は起きたのか・・・



ただ、事実は・・・

様々な要因が重なって起きたということ。

それと、JRは人の命を預かっているという基本的な意識が低すぎたのではないのか。
ということ。


信じられない。信じたくない。


それと、マスコミの話も聞いた。
救助中でもマスコミは、撮影しようと現場の近くにいたらしい。

ただ言える。   「邪魔」
人の命って何なん。
おかしいよ、マスコミ。

憤りが多すぎる事故。


亡くなられた方々のご冥福をお祈りします。

負傷された方々のご回復をお祈りします。


<参考>

事故写真のサイト

c0038163_1632170.jpg

[PR]
by gray-signpost | 2005-04-26 16:34 | 日常
<< 自分探し第一歩 だらけりん >>